2005年05月13日

十年の年月は

数日前から準備を進めていた計画を実行にうつしました。と言っても大したものではなくて、War Age探検に行っただけなのですけれど。

バレンタインイベントにも参加出来なかったのでWar Ageに行くのはこれが初めてです。

イーゴの飼い猫?

War Ageのヌブール村には猫がたくさん居ます。Present Ageではソウルバインダーが居た洞窟に、隠れるようにしているこの猫の事が気になりました。確証は無いのですが、かつてイーゴが飼っていたあの猫の様な気がしてならないのです。この子は今でもイーゴの帰りを待っているのでしょうか?

ランダルの蛇女ウルド

ランダル洞窟でベルダンディさんのblogにも書かれていた蛇女の一団を発見しました(ウルド、スクルド、ヴェルダンディの3匹いる様です)。強さ表示は…「うかつに手を出すのは危険だ」。固まっていたのでどうしたものかと眺めていると、その中の一匹、ウルドがこちらに近づいて来ました。気づかれたわけではない様ですが、思い切って突撃。

…ポイズンレインで包帯を封じられ、弓と魔法の連続攻撃でやられてしまいました。後になって聞いたのですが、周囲の白蛇を一匹でも倒してしまうと、この蛇女は無敵になってしまうのだとか。何匹か白蛇を倒してしまっていたので、勝ち目ゼロの戦いに挑んでいた様です(。。

これも後から聞いた話なのですが、この蛇女たちはアルビーズの森周辺エリアを制圧する為のキーモンスターなのだそうです。こうしたモンスターは各地に点在し、それらを全て(?)制圧するとその勢力に[奇跡]が起こり、様々な恩恵が得られるのだとか。この時はビスクの方が[奇跡]を起こそうと動いていて、知らずに白蛇を倒すなど色々とご迷惑をお掛けしてしまいました。

木造りの橋に

MInamoさんに案内して頂いてビスクを目指す事になりました。石造りだったレクスールのこの橋も、すっかり様変わりしていて時代の流れを感じさせます。ここで流れる音楽は初めて聴くものでしたが、Present Ageで使われているフレーズがアレンジされていたりと芸が細かいです。

酒場の跡

変な格好(?)をしたガードの追撃をかわしてビスクへと潜り込み、目的の場所に辿り着きました。

ここはかつてヴァンヌ酒場だった場所。ボクにとっての「還るべき家」だった場所。桂さんのblogで写真を見た事はありましたが、我が目で見るそれはとても衝撃的で、涙が出そうになります。

奇跡の時

ビスク軍は無事[奇跡]を起こす事に成功した様です。敵意が無い事を伝え、ビスク中央を見学させて頂きました。イルミナやトライデント達の像も破壊され見る影もありません。

問答無用で斬りかかられる事も覚悟していたのですが、親切に対応して頂いたビスクの方々に感謝します。

フェローシップが軍に縛られる限り、War Ageに「戦争」をしに行く事はこれからも無いでしょう。次に行った時には殺される事もあるかもしれません。それでも、いずれまたWar Ageに行こうと思います。


posted by Midorico at 13:36 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記