2008年07月02日

スルスヘトリル

ここが入り口、かな

エルビンの開放以来その存在が示唆されていた新しいダンジョンがもうすぐ登場するようです。スルト鉱山と聞いて思い浮かぶのはやはり、北欧神話の炎の巨人スルトです。

メールマガジンでのデベロフさんの言葉や火口の審判者の存在からも、最深部に溶岩の流れるような火山洞が思い浮かびます。イメージとしては冥の門をダンジョンにしたようなものでしょうか。かなり広く複雑なようですから探索のしがいもありそうです。

新モンスターも気になりますし、今しばらくはそわそわうきうきと、開放の日を待ちたいなと思います。


posted by Midorico at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記