2009年04月28日

追想、エルアンの残光

ザハークの魂を前に

エルアン宮殿最深部「儀式の間」に集まった調査隊の前に、ザハークの魂が現れました。ここを拠点に力を蓄え、神として君臨する。そういう筋書きのようです。


召喚された漆黒の… 首の無い騎士

ザハークが召喚したのは首の無い漆黒の騎士。その言葉を信じれば、これもChaos Ageからやってきた存在ということになります。

ルーチェ様が言うように、儀式の間自体もChaos Ageに近い場所であるのか、流れる気流やドームの外に聳え立つ柱の形状など、多くの類似性が確認出来ます。


ザハーク復活 クレイトスさんの意志

死を告げる黒騎士の力でザハークは復活し、クレイトスさんはその憑代にされてしまいました。それでも残る意識の力でザハークの侵攻を押しとどめているものの、あくまでも時間稼ぎに過ぎません。


ルーチェ様の祈り

その意志を無駄にしない為にも、ルーチェ様は祈ります。

かつてユンの身代わりとなって神獣にその身を引き渡したオリアクス様と、今回のクレイトスさんのイメージが少しだけ重なります。ルーチェ様にもそう見えているのかなと思うと、やっぱりちょっと切ないです。


ザハークとの戦い

そしてダイアロス中から集まった冒険者とザハークの戦いが始まりました。

数の力もあってボクが参加した戦いではそれほど時間もかからず、少し拍子抜けするくらいあっさりと勝利することが出来ました。それでも強力な範囲攻撃やガード技など、その強さの片鱗は伺えます。

二人の意識は未だあの場にとどまっているようですし、いずれまた戦うことになるのでしょうか?


posted by Midorico at 22:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月25日

蒼鱗の鎧

ちょっと濃すぎました(、、

あるしーさんにカラー スケール一式を作っていただきました。スチールと比較すると防御力が少し下がってしまいますけれど、染色の魅力の前には大した問題ではないのです。

今回試してみたのは青100%の染色液。スケールの質感から淡い方向に振れるかと期待したのだけれど、思った以上に色が濃くなってしまいました。肩や腰などはスケール特有の鱗模様が飛んでしまってかなりがっかりな見た目に(、、


漂白で微調整

強力な漂白剤で調整を繰り返して、こんな感じに落ち着きました。胴・脚・足は+16%ずつ、他の部位は+32%になっています。

まだちょっと濃いかなとは思うものの、折角の青100%を活かして暫くはこれで使ってみようと思います。
posted by Midorico at 13:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月22日

開かれたヴァルハラ

ヴァルグリンド開きて

ヴァルグリンド最奥の扉が開き、遂にエルアン宮殿が開放されました。

ノアポイントへのエネルギー供給やバランサーの設置は時間凍結の封印を強化するどころか、逆に宮殿の時を取り戻させる結果になってしまいました。

どうやらザハークが仕掛けた罠だったようですけれど、イーゴにしろ彼にしろ、ボク達はちょっと利用されすぎなのではという気もしてきます(、、


異形の亜人リザードマン リザードマンの部隊長

エルアンナイトやエルーカスといったお馴染みのモンスター達を倒して宮殿内部を進むと、組織化されたリザードマンの群れと遭遇しました。

賢王の時代に宮殿を襲撃したという亜人達とは、恐らく彼らの事ではないかなと思います。


石像に紛れ…

宮殿内部に配された石像に紛れて、不用意に近づく者の命を狙うガーゴイル。こちらも新顔のモンスターですね。

狙われる側がこんな事を考えてしまうのはどうかと思うのだけれど、その立ち居振舞いは本当に神話から抜け出してきたかのようで、早くもお気に入りのモンスターになってしまいました。


見えない足場をそろそろと

見えない足場を探し進まないといけない場所や隠し通路など、宮殿にはいろいろと凝った仕掛けも用意されています。


見え見えの罠…ですけれど

こんなあからさまな罠もあったりして、引っかかる人居るのかなーと思っているとわざと引っかかりたくなってしまうアシュタルさんの様な人も居るので注意が必要なのです(。。


もう少し先へと進むとボスとの戦闘エリアが待っているそうなのだけど、残念ながらここで遊んでいるうちにはぐれてしまった数人で仲良く全滅。人通りも無さそうなのでホームポイントへ戻って今回の探検はおしまいです。

モンスターの強さと数、基本的に奥へ奥へと進む構造もあって少人数で気軽に遊びに行けるような場所ではありませんけれど、こういうダンジョンがあるのも面白いですね。

ただ、開放当初のラッシュが落ち着いてからどうなるかはちょっと心配かも。その辺りも含めて、今後が楽しみな場所でした。
posted by Midorico at 13:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月20日

Sense of Wonder

戦闘技術スキルのテクニック…ではなくて。

ヴェールが種族変更の依頼を受けたお客様が、エルモニーからニューターへと転生した後にこうおっしゃったのです。

「視界が全然違う」

それからこう続きます。

「またダイアロスを周らないと」

ああ。素敵な考え方だ、と思いました。


予定通りに進むなら明日にはエルアン宮殿が開放されます。新しく広がる世界はとても楽しみですけれど、今あるこのダイアロスにも、きっとまだまだ驚きは隠されているのです。
posted by Midorico at 18:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

双子ギガスに翻弄されて

イルヴァーナのギガス退治 双子のギガス

イルヴァーナ渓谷の採掘場に遊びに行って来ました。

行きは順調だったのだけれど、帰りがけに戦ったギガースツインで大苦戦。一体目を倒して二体目と戦っている最中、金色のハンマーを携えた新たなギガースが背後に現れました。

その一撃は重く、雷の追加効果もあってなかなかに厄介な相手です。なんとか撃破には成功したものの、途中あわや全滅というところまで追い込まれてしまいました。

時間を稼ぐために引きつけて走り回り、倒されては起き上がり、飲み物もポーションも底を付いてスタミナはカラカラ。それだけに倒せた時の達成感は大きくて、たまにはこういう戦いも楽しいなと感じます。

毎回だと疲れてしまいそうですけれど(。。
posted by Midorico at 18:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月17日

足取りつなげて

バンザイダンスでスピードアップ! 大きなノアキューブ

エルアン宮殿の調査は更に進んで、ボク達が今為すべきことがいくつか示されました。その一つが宮殿に施された封印を安定させるため、大きなノアキューブをノアポイントのもとへと届けること。

大きなノアキューブを生産して配布する方とそれを運ぶ方、アルターを出す方など、早くもシステマティックな協力体制が構築されていていつもながらに圧倒されます。

更に感心…というか面白かったのがヴァルグリンド内で迎えてくれたダンサーの方々で、ノアポイントが設置された場所への通路に等間隔に並んで、大きなノアキューブを運ぶ足をバンザイダンスで加速してくれるのです。

最初に受けたダンスの効果が終わる頃には次のダンサーの方が待ち構えていて、軽快な足取りは途切れることなくあっという間にノアポイントのもとへ辿り着いてしまいました。

ちょっと不思議な感覚ですね。


寄り添うマッシュルーム

ミーリム海岸にある寂れた鉱山前の看板に、そっと寄り添うようなアースマッシュルーム。時々すくっと立ち上がって、またぺたりとその場に座り込みます。

看板を親だと思っているかのようなその仕草がなんだか可愛らしいです。
posted by Midorico at 12:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月13日

手がかりを求めて

ミスト様のお話 アルフレッドさんのお話

まだまだ大きな動きこそないものの、エルアン宮殿の調査が少しずつ進んでいます。ミスト様とアルフレッドさんのお話しによると、やはりヴァルグリンドが宮殿へと繋がるようです。

賢王の時代に生まれた災厄を封じるために時間凍結を施した場所とのことですけれど、単純に開放してしまうとその災厄をも解き放つことになりますし、いったいどのような結末を迎えるのか想像がつきません。


黄昏の砦に避難しているアマゾネス達が戻ってくるのかも気になります。

やはり"ヴァルグリンドの巣穴"ですから、ワルキューレに見立てられたアマゾネスが居ないことには冴えません。でもエルーカスまで戻ってきてしまうと、宮殿に辿り着くまでがちょっとした冒険になりそうです。

それが楽しみでもあり不安でもあり。

こうして思いを巡らせている時間もまた、楽しかったりするのですけれど。


落ち着いたルーチェ様(。。

こちらは落ち着きを取り戻したルーチェ様。オリアクス様の事を聞けなくなってしまったのがちょっと残念(、、
posted by Midorico at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月09日

落書きダイアロス

マジカルブラシ

ゆるめさんにマジカルブラシという新しい魔法を見せていただきました。

赤青緑の三色のインクでお絵かき出来るというなかなか面白そうな魔法です。数分で消えてしまうようですし、思った通りのラインを描くのは難しそうですけれど、いろいろな遊びに応用出来そうですね。

迷子になりがちなダンジョンで先導するのにも使えるかも?


ツイスターですてーん!

こちらはお久しぶりのアリーナから。

Fremiliaさんのツイスターで吹き飛ばされたところを撮影…したつもりだったのだけれど、飛ばされた後にすてんと転んだ姿が写っていました(、、
posted by Midorico at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月07日

敢えてひと手間

折角なのでバーベキュー

イクシオンの友好取りでザブール討伐に行った後、何となく集まったマーレ邸で手元に残ったお肉を焼いてしまおうという話になりました。

テーブルの上にキッチンが設置され、イクシオンステーキが次々に焼き上がります。

携帯用キッチンを作る必要がありましたし、少し足をのばせば港のキッチンも利用出来ます。それでも敢えてひと手間。ただそれだけで、ちょっと楽しいひとときになります。


あげパンマン復活

華麗な復活を遂げたあげパンマンの勇姿。以前よりも鮮烈な赤が目にまぶしいです。


エルアン宮殿の開放に向けて少しずつ世界が動き始めています。ヴァルグリンドからアマゾネス達が消えたということは、やはりあの最奥の扉がエルアン宮殿へと繋がるのでしょうか?
posted by Midorico at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月05日

答え合わせ2009

先日行われたダイアロス縦断間違い探しの答え合わせをしてみます。

ボクが確認出来たのは以下の3つで、探している間にうっかり情報が耳に入ってきてしまったので自分で見つけたというわけではありません(、、


アデラさんがエルモニーに!

まずはネオク高原の銀行員アデラさんがエルモニーの女性に。これは去年も設定されたものの、不具合発生でなかったことになってしまったネタですね。今回は不具合もなく、"間違いは間違いでした"とはならずに済んだようです(。。

普通のエルモニーの1.5倍ほど背が高くて、すらっとした印象のアデラさんでした。


バイソンさんがバイソン…に?

こちらもネオク高原から、用心棒のバイソンさんが文字通りのバイソンに。何気なく歩いていると誰かのペットだろうと見過ごしてしまいそうなくらい場に馴染んでいました。


エクアさんが正装に!

ムトゥーム地下墓地からは暗使ギルドのマスター、エクアさんがバニー姿に。普段が普段だけに、これが正装と言われても違和感が無いのはボクだけでしょうか?


この他の間違いは、

ビスク東のマーレ邸にいるアンジェとプリミュラの立ち位置が逆に

QoA:Titanにイビル タイタンならぬイビル ロッタンが出現

黄昏の砦に出現するサキュバス パニッシャーがナイトメア装備のコグニート男性に

ネオク高原のノアピース販売員ウッドローさんのお名前がウッドアローに

ネオク高原のロックマッシュルームがキノコキャップをかぶったパンデモス男性に

の5つで計8つの間違いになります。


ナイトメア装備が出ていたのでサキュバスに何かあるかもとは思ったのだけれど、確認に行く前に内容を聞いてしまったので他を探そうとうろうろしている間にタイムアウト。

アンジェとプリミュラについてはチェックすらしていませんでした。見に行っていれば気づいたと思うのでちょっとくやしいです(、、
posted by Midorico at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月01日

はい、5年目です。

モッテ…なかった

デービッドはモッテモテではありませんでした%f6


ハドソンでの正式サービス開始日から数えて、今日で5年目に突入しました。毎年この日になると過去のエントリを読み返すことが多いのだけれど、その度にはっとさせられます。

今は居ない人とあの頃は居なかった人、変わった事と変わらなかった事。積み重ねた思い出を振り返っているとあっという間に時間が過ぎてしまいそうです。以前はこんな風に考えていたんだなぁと、改めて今の自分を見つめ直すきっかけになることもあります。


あの頃の気持ちを忘れないように。変わっていく自分を好きでいられるように。これからのダイアロスを気持ちよく歩いて行けるように。
posted by Midorico at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記