2009年09月28日

時には涼しげに

ヴェールが週末の営業を終えて、はさみのお手入れをしていただきに向かったところ…


涼しげなトッドさん

なんだかトッドさんがいつもより涼しそうな格好をしています(。。

え、何かのイベント?…と思ったら、どうやら他の方には普通に見えていたようで、装備品の読み込みがうまくいってなかったのでしょうか。そう言えば、後ろで露店されている方も何人か同じような状態になっていますね(、、

この後何度かエラー落ちしてしまったのですけれど、それでもトッドさんは半裸のまま。一度中央に移動してから戻るとようやく服を着てくれました。

また少し暑い日が続きましたから、トッドさんも涼みたかったのかも。

ちょっとおかしなそんな一日でした。


posted by Midorico at 18:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月24日

初めてのバザール

人だかりにわくわくです

いつもは平日開催で時間の都合がつかなかったバザールが、今回は休日の開催ということで初めて参加することが出来ました。

たくさんの露店とそれを巡る人の数に圧倒されつつ、気持ちは自然とそわそわわくわくしてきます。


うさぎなもにーに 毒きのこ?

毎回時節にちなんだ飾り付けがされているとは聞いていましたけれど、今回のこれはどのようなテーマなのでしょう?

うさぎ装備のエルモニーに毒きのこ…うむむ、ちょっと思い浮かびません。


演劇見学

少し露店を見てまわったあとはずっと、紅玉の劇場で出し物を観ていました。

良く練られた構成に凝った演出、観客を巻き込むような趣向などなど。どの演目もとても楽しくてあっという間の二時間でした。こちらをずっと観ているとあまり露店をまわれないし、その逆も然りでなかなかに悩ましいですね(、、

今回が初めてのバザール経験でしたけれど、本当にすごくすごく楽しくて、一回くらいは行けたらよいなという考えは吹き飛びました。きっとまたいつか、参加したいと思います。
posted by Midorico at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月18日

教室で騒いではいけません!

カタナを持ったイクシオン

友情を更に深めるべく、改めてタルタロッサパレスへ行ってきました。

この日は各地のモンスターに調整が入った日で、いろいろな変化をあちこちで発見出来ます。パレスへ向かう途中のイクシオンアサシンはカタナを持っていました。カタナを揃えて並んだ写真を撮ってみたのだけれど、アサシンのヒゲが顔にかぶって隠れてしまっていますね(、、

タルタロッサは新たにいろいろな技を習得していて、中でもフェザーショットという技が強力でした。自らの羽根を前方範囲に飛ばす攻撃のようで、盾持ちの方によると盾も貫通してくるとのこと。

この技の追加もあってポウンが密集するあたりがかなりの激戦地になっています。レッドラインなどは使ってこないので、奥地のほうが楽になったと感じるくらいかも。


オーク先生の一喝!

こちらは別の日にダーイン山に行ったときのもの。

学校が空いていたので教科書集めもかねて少しだけ戦ってみたところ、なんと先生オークが咆哮を使ってきました(。。

冥獣の咆哮と比べると強化を消す効果はなく硬直時間も短め。おかげでそれほど脅威ということはないのですけれど、先生に叱られて竦んでいるように見えるのがなんだかちょっと面白いです。


エタトゥールの滝でピクニック

場面は一転、ゆめのさんのピクニックセットをひろげてピクニックです。エタトゥールの滝を前にして、お弁当はおにぎりとサンドイッチ、おやつに鯛焼き。

ちょっとヘビーなメニュー。でも、ゆったりのんびり楽しい時間です。
posted by Midorico at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月16日

裏切りと贖罪と

裏切りの現場に謎の覆面レスラーが

イクシオンの爪を集めるというあるしーさんのお手伝いでエイシスに行って来ました。

ボクは友好関係を大事にしているのでザブール討伐を除くとイクシオンと戦う機会は殆どありません。いつもと違う感覚は新鮮ではありますけれど、罪悪感というか背徳感というか、そんな感情が少し入り交じります。

写真はたくさんのイクシオンに襲われた際にまぎれこんでいた謎の覆面レスラー。イクシオンだけでも厳しい状況の中、彼の範囲攻撃はかなりの脅威でした(、、


レッドライン地帯にわかりやすい目印が(。。

その後はすっかり失われたイクシオンとの友情を取り戻すべくタルタロッサパレスへ。ぴかりさんがレッドラインの現れるポイントにわかりやすい目印を描き上げました(。。


香具師勢揃い

おまけの一枚、香具師三兄弟?が勢揃い。長男でっかすぎです!
posted by Midorico at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月14日

仮初めの古代へ

小さな我が家

Ancient Ageのテストに参加してきました。

家や新しく起こされた家具がちょっと周囲から浮いてしまっているのが気になりますけれど、あれこれとレイアウトを考えるのはやっぱり楽しいです。

家の種類にはいくつかあって、これはコテージという一番小さなタイプ。風景によく馴染むので一番のお気にいりです。


窓からの眺めは

窓からの眺めもなかなかのもの。今のところ家の中に窓があるのはコテージだけのようで、そこもお薦めのポイントなのです(。。

他のタイプでもいずれ窓が出来れば、二階建てで広々使える煉瓦ハウスの人気が出るかも。


間にお庭を

今回のテストでは土地を二カ所まで購入出来たので、二つの土地の両端にコテージを建て、その間を庭に仕立ててみました。このやり方はなかなか気にいったので、正式開始後に土地が二つ持てたら同じように庭を造ってみたいです。


高台から一望

我が家を離れ、高台から見下ろして一枚。

家単体ではのぺっと直線的な印象が否めないものの、こうして街並みが出来ているのを見るとやっぱり良いなぁと感じます。

まだまだ不安定で10月の正式開始は難しそうですけれど、ますます楽しみになりました。しっかりと良い物に仕上げて欲しいですね。
posted by Midorico at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月07日

フルーツ・パフェのように

巨大アナコンダ!

エルビンのトレジャーハントに行って来ました。

箱の中身も気になりますけれど、どんなガーディアンが出てくるのかを密かな楽しみにしているのはボクだけでしょうか(。。

今回現れた巨大アナコンダもなかなかのインパクトです。やっぱり飲み込むのかな?…と思っていたら、隣で戦っていた方をぱくりと一飲み。飲み込まれるのは初めてだったようで、びっくりしつつもなんだか嬉しそうでした。


みんなでポカポカ

解錠を試みるカスタネットさんの横からみんなでポカポカ箱開けのお手伝い。

時々トラップの効果で吹き飛ばされるのだけれど、飛ばされては駆け寄ってかちゃかちゃポカポカ。そんなプロセスもまた可笑しくて楽しいのです。


チェリーイヤリング

宝箱に入っていたチェリーイミテーションを使って、Yuyuさんにイヤリングを造っていただきました。見た目はそのままさくらんぼで、素朴なデザインが可愛らしいです。


コットン ワンピースドレス

こちらはCombatMiharaさんが仕立てたコットンワンピースをYuyuさんに染めていただいた物。爽やかな薄緑にワンピースの濃淡があいまって、ちょっとメロンっぽいかも。

肩に羽織った千早の白をホイップクリームと見立てて、耳にはちょこんとさくらんぼ。フルーツ・パフェ 箒風の完成なのです。


おまけの一枚、突然の来客
posted by Midorico at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月06日

全てを繋いだ報酬は

偽者と言うよりは…?

Master of BINGOが終わって、全ラインコンプリートのEMERALDには"偽物かと疑いたくなる"香具師がやってきました。…偽物かと疑いたくなるというより、これは明らかに別人な気がします(。。

激辛カレーの販売価格も驚愕の100gold。原価そんなに安かったんだ!


MoBボックスで貰える三種類の報酬もなかなか面白いです。

ロケットジュース改

ロケットジュース改はロケットジュースの改良版(?)で、横ではなく縦に打ち上がります。打ち上げ花火と似ていますけれど、ポーズが違うだけでも随分印象が変わりますね。


ボンドイッチ

ボンドイッチを食べると移動モーションが全てボンダンスに(。。

個人的なオススメは激辛カレーとのセットメニュー。高速で走り回りながらもゆったりと踊るその姿が不思議で面白いのです。


モジ ビアー

モジビアーの効果は最初よくわからなかったのだけれど、アタックのモーションがもじもじ(/snaky)するものに変わるらしいです。

もじっと攻撃したあとに左手でずばっと斬りつける姿が楽しいので、サムライマスタリーをお持ちの方は是非お試しください%f0
posted by Midorico at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月01日

その問いの答えは

その問いの答えは

酒場でひと休みしているといろいろな方とお話する機会があります。

ビスク散策中にふと立ち寄ってみたというその方との会話中、Ancient Ageの話題になった際にこんな事を聞かれました。


「家が持てたら、もうここには来ない?」


いつも家への期待とセットで考えていたことでもあって、ちょっとはっとしてしまいました。

今あるダイアロスにも、それぞれのお気にいりの場所・集う場所はたくさんあると思います。街中のちょっとした広場や城門前、いろいろな場所を歩いていて耳に入ってくる会話の数々。

近い将来に家が持てるようになったらこんな光景は減ってしまうのかなと、そう考えた事もあります。


「それでもやっぱり、ボクはここに来ると思います」


結局ボクはこう答えました。

みんなでお茶会をしたり、ご近所さんと遊びに行ったり、ヴェールに美容室を開かせたり。家が持てたらやってみたいなと、いろいろと楽しみにしていることは多いです。


それでもやっぱり、今あるこの場所も大切にしたいなと思うのです。
posted by Midorico at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記