2009年09月14日

仮初めの古代へ

小さな我が家

Ancient Ageのテストに参加してきました。

家や新しく起こされた家具がちょっと周囲から浮いてしまっているのが気になりますけれど、あれこれとレイアウトを考えるのはやっぱり楽しいです。

家の種類にはいくつかあって、これはコテージという一番小さなタイプ。風景によく馴染むので一番のお気にいりです。


窓からの眺めは

窓からの眺めもなかなかのもの。今のところ家の中に窓があるのはコテージだけのようで、そこもお薦めのポイントなのです(。。

他のタイプでもいずれ窓が出来れば、二階建てで広々使える煉瓦ハウスの人気が出るかも。


間にお庭を

今回のテストでは土地を二カ所まで購入出来たので、二つの土地の両端にコテージを建て、その間を庭に仕立ててみました。このやり方はなかなか気にいったので、正式開始後に土地が二つ持てたら同じように庭を造ってみたいです。


高台から一望

我が家を離れ、高台から見下ろして一枚。

家単体ではのぺっと直線的な印象が否めないものの、こうして街並みが出来ているのを見るとやっぱり良いなぁと感じます。

まだまだ不安定で10月の正式開始は難しそうですけれど、ますます楽しみになりました。しっかりと良い物に仕上げて欲しいですね。


posted by Midorico at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記