2009年10月28日

箱船に乗って

箱船を発見

Ancient Ageへと通じる"箱船"が、遂に発掘されました。

ダーインを抜けてエルビンへ入るとすぐに、その巨大な構造物が目に飛び込んできます。今までのダイアロスには無かったような異質のシルエットと質感が想像力をかき立てて、じっと眺めているだけでも気持ちが昂ぶってきそうです。


宇宙船のような箱船内部

箱船内部ではテラリウムのようなものも確認出来ます。薄暗く無機的な通路のデザインとのコントラストが印象的で、不思議な雰囲気のある空間になっていました。


光差し込むアルタールーム

薄暗い通路から一転、光溢れるアルタールームへ。

ノアストーン「ラッカ・メリア」を身に着ければ、この場所からAncient Ageへと旅立つことが出来ます。更に奥へと進むと不思議なエネルギー殻のようなものが設置された部屋もあったのだけれど、今のところ何も起きないようです。


時代を超えて

箱船のそれと似ていますけれど、こちらはモラ・タワーのアルタールームです。

ここはもうAncient Age。奥に居る小型のタイタンから土地権利書を買うことも出来ます。

気軽に買えるとは言えないお値段ですが、運営移管前からずっと家のために貯金をしてきたボクには「ようやく使える時が来たんだ」と、ちょっと感慨深いものがありました。

アルターの下でぐるぐるとまわり続ける柱の色が、モラ・タワーではなのに対して箱船遺跡ではだったのが少し気になります。

この色の違いにも何かの意味が込められているのかなと、いろいろと想像は広がります。


絶景なるモラ・タワー

アルタールームの外には息をのむような絶景が広がります。

落ちないようになっているものの、吊り橋を渡る間はちょっとどきどきもの。ここから見下ろす感覚は浮遊都市バハやエルビン山頂とはまた違った印象です。

吊り橋の先にあるアルターは今はまだ機能していません。βテストを体験してみて、もう少し時間をかけたほうがよいのではと思うところがあったので、これは仕方ないかなと思っています。

いずれここからソレス渓谷や各地のハウジングエリアに飛べる日を、今は楽しみに待ちたいと思います。


絶好のお月見ポイントです

振り返ると綺麗な月が目に入りました。

何もかも異質なこの場所で、1万3000年後と変わらぬ夜空。ここは絶好のお月見ポイントになりそうです。


posted by Midorico at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記