2010年12月27日

古代遺跡のデコレート

街はすっかりクリスマスムード

今年もダイアロス各地が聖夜の装いに包まれました。

いつもと違う音楽を聴きながらツリーを見上げていると、街全体が浮き足立っているような、ふわふわした気持ちに包まれます。


箱舟遺跡もライトアップ!?

箱舟遺跡のこのライトアップは印象的でした。古代文明の遺産に施されたクリスマスのデコレートはミスマッチかと思えば、おごそかな音楽と相まって意外な調和すら感じさせてくれるのです。
posted by Midorico at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月17日

二日目はじっくりと

大空洞二度目の探索は、慌ただしく駆け抜けた初日とかわってじっくりと見てまわることが出来ました。


意外におとなしい

地底湖を泳ぐエンシェントフィッシュは巨大なグリードルのように見えますけれど、意外にもおとなしくてこれだけ近づいても襲ってはきません。

こうしてじっくり見ていると、その独特で不思議な形状にはどのような意味が込められているのか気になってしまいます。


どこかの海竜に似ています

地底湖の主ギュスターヴ。先日遭遇したジャイアントより少し小さめですけれど、それでもなかなかの巨体です。このギュスターヴを倒すことで、湖底の先に広がる広間にジャイアントが出現するのだとか。

シルエットと配色、それからシチュエーションのせいでしょうか、その昔ダイアロスのそとがわのとある村でボクの分身が戦ったある海竜のことを思い出しました。


モールさんはなかなかおしゃれ

倒れたモールをじっくり観察。なかなかのおしゃれさんです。


ちびわにわさわさ

ジャイアントの棲家に小さなワニを発見!…と思ったら、クロコダイルの唐揚げを食べるとこの姿に変身するのだそうです。

今度見かけたら買ってみよう(。。
posted by Midorico at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月15日

深淵より深く

大空洞!

遂に開かれた大空洞、早速冒険に行ってきました!


立体交差 幻想的な光景です

エイシスやスルトに負けず劣らずの複雑に入り組んだ構造で、岩壁がところどころ変質していたり、地底湖の反射光で青白く照らされていたりと、天然の鍾乳洞らしい雰囲気がよく出ています。

道の途中に亀裂が入っていて、ジャンプで飛び越えないと通れないような場所もありました。意外にも今までそういう場所は無かったと思うので、なかなか新鮮な体験です。

イオネさんが飛び損ねて、するりと亀裂から落ちていったのは勿論想定通りです%f0


多才なモールさん

モールというこのモグラ型モンスターが大空洞の主な住人のようです。大きな岩石を頭上に落としてきたり、砂埃をまいて目くらまししてきたり、地面に潜って身を隠したりとなかなか多才なお方なのです。

このモールのヘルメットと同じ物が木工で作れるそうで、時々かぶっている方をお見かけしました。


地底湖を見下ろして さらなる深淵へ

大空洞の奥深くにあるこの地底湖を潜り、更なる深淵へと泳いでいくと…


ギュスターヴジャイアント 横から見てもでっかいです

ギュスターヴジャイアントという巨大な鰐が待ち構えていました。

かなりの人数が集まっていたせいかあっさりと倒されてしまったので、どの程度強いのかはよくわかりません(、、

いつかまたみんなで挑戦してみたいです。
posted by Midorico at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月08日

鉱山うろうろ宝をもとめ

スルト鉱山トレジャーハント!

久しぶりにトレジャーハントに行く事が出来ました。なかなか時間が取れなかったり、取れても他の方と合わなかったりでお出かけ自体も随分とお久しぶり。

数カ所をまわった中で特に印象的だったのがトレジャーハント初挑戦のスルト鉱山です。

いろんな場所に遊びに行くきっかけになりそれ自体は楽しいトレジャーハントですけれど、慣れた場所だと"宝探し"の感覚はどうしても薄くなってしまいます。そうした意味では、複雑で入り組んだ構造のスルト鉱山は道を把握仕切れていないこともあってとても新鮮で、なかなか歯ごたえのある冒険になりました。


こみどり対決

スルト鉱山からもう一枚。戦闘力のあまり無いComidoriにとっては、ドッペルゲンガーの変身ターゲットになるのはなかなか貴重な体験なのです。
posted by Midorico at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。