2006年01月10日

冥の門へ

冥獣の咆哮 インフェルノゲートキーパー

最近殆ど参加出来ていなかったChaos Ageです。時の間には500人以上が集まって、人数制限とLD不安の中、無事に冥の門に入ることに成功しました。インフェルノゲートキーパーはボクにとって初めて戦う相手なので楽しみです。

音楽が変わってIGKの登場を知らせても、暫くその姿を確認する事が出来ませんでした。この辺だろうとあたりをつけてターゲットすると、そのまま見えない相手にむかって武器を振り下ろします。Chaos Age実装当時、やはり姿の見えないNGKと戦っていた事を思い出して、なんだか懐かしい感覚でした。

IGKは見上げるほどの巨体を持ちますが、NGK程の大きさではありません。自然と人が密集する形になり、少なくない人数がLDではじかれました。じわじわと削がれる戦力も相まって、2割程度までHPを減らしたところで全滅。…結果は残念でしたが、LDする事なく戦いぬけたので個人的には満足です(。。

それにしても、冥獣の咆哮は本当に厄介ですね!


posted by Midorico at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック