2009年04月13日

手がかりを求めて

ミスト様のお話 アルフレッドさんのお話

まだまだ大きな動きこそないものの、エルアン宮殿の調査が少しずつ進んでいます。ミスト様とアルフレッドさんのお話しによると、やはりヴァルグリンドが宮殿へと繋がるようです。

賢王の時代に生まれた災厄を封じるために時間凍結を施した場所とのことですけれど、単純に開放してしまうとその災厄をも解き放つことになりますし、いったいどのような結末を迎えるのか想像がつきません。


黄昏の砦に避難しているアマゾネス達が戻ってくるのかも気になります。

やはり"ヴァルグリンドの巣穴"ですから、ワルキューレに見立てられたアマゾネスが居ないことには冴えません。でもエルーカスまで戻ってきてしまうと、宮殿に辿り着くまでがちょっとした冒険になりそうです。

それが楽しみでもあり不安でもあり。

こうして思いを巡らせている時間もまた、楽しかったりするのですけれど。


落ち着いたルーチェ様(。。

こちらは落ち着きを取り戻したルーチェ様。オリアクス様の事を聞けなくなってしまったのがちょっと残念(、、


posted by Midorico at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック