2007年11月27日

エイシス街巡り 一日目

メールマガジンで予告されていた通り、エイシスケイブ全体がひとつの街としてリニューアルされました。友好さえあればエイシス内の殆どのイクシオンと会話することが出来るようになって、いろいろなお話を聞くことが出来るようです。

戦闘中でもきちんと挨拶

たとえ襲われている最中でも律儀に応えてくれるエイシス前のガードさん。数秒後には倒されてしまいました%f6

エイシス内にも道案内をしてくれるイクシオンが各所に配置されて、どちらに行けばどこに繋がるのかがとてもわかりやすくなりました。勿論、友好状態でないと案内を聞く事は出来ないのですけれど。


次代を担う子供たち

巨大なきのこが群生する、大きく開けた広場がイクシオン達の居住区になっています。こちらは来るべきタルタロッサとの戦いに備えて、子供達を鍛えているところでしょうか?


食料確保も大事です…けど(、、

…食料確保は確かにとても大事な事ですけれど、子供達と同列に語るのはどうなのでしょう(、、


エイシス銘菓 イクシオン饅頭

雑貨屋さんではお土産用にとお饅頭を売っていました。1つ500goldとちょっとお高いですけれど、やっぱり観光地価格なのでしょうか(。。

あまり時間が取れなかったので、この日は居住区に泊まらせていただくことにしました。日を改めてまた見てまわる予定です。


posted by Midorico at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック