2011年02月02日

小さくなぁれ

光につつまれて

バレンタインイベントが始まりました。

ビスク中央に居るバレンタインガードに愛のかけらを手渡すと、全身がエンハンスオーラという光に包まれます。渡した愛のかけらが多ければ多いほど、"伝説の木"が健やかに育つのだとか。

バレンタインを妨害しようという勢力もすぐそばに居たりして、どちらかというとそちらのほうに勢いがあるように見えるのが気になります(、、


このくらいのヘビが…

ちょっと面白いことを発見しました。ヘビ串などでヘビに変身した状態でマナポーターでのテレポートを行うと…


みゅいーんとちっちゃく

転送される瞬間、ヘビの姿がみゅいーんとちっちゃくなるのです(。。
posted by Midorico at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月24日

箒の美容室一周年

一周年!

ユグ海岸で「箒の美容室」として営業をはじめて一年が経ちました。ボクが美容を始めた頃とほぼ同じ服装に袖を通して、一人ひっそりとこの記念すべき日を迎えます。

この日のお客様は15名。意識して来られた方は殆どいなかったと思いますけれど、一周年記念ということでシャンプー・調髪は無料で、それ以外は半額で行わせていただきました。


これからの一年間も宜しくお願い致します
posted by Midorico at 12:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月18日

地の底の宝箱

地の底の宝箱

大空洞を探検中に宝箱を見つけました。

トレジャーハントのものよりも小ぶりで、かえってそれがわくわく感を高めます。この日は解錠出来る方がおらず、見てるだけだったのがちょっと残念。

でもこういうのは偶然発見する楽しみがあって良いですね。


かくれんぼ?

(ここなら見つからないにゃ)
posted by Midorico at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月14日

窓からのぞく雪だるま

窓からのぞく雪だるま

ユグ海岸に雪だるまは合わないかな、と思ったのですけれど。

寝室の窓からのぞく雪だるまの姿に、これはこれで悪くないかもと思い直したのでした。
posted by Midorico at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月01日

新年のご挨拶

ユグで迎える初日の出

新年あけましておめでとうございます。

昨年はユグ海岸に家を持って、同時に始めた箒の美容室も少しずつですけれどお客様も増えてきました。

今年の新年は、そんなユグ海岸の崖の上で迎えました。ここならきっと綺麗な日の出が見られるはずとみんなをお誘いして待っていたのだけれど、その予想は見事にはまりました(。。


茶房でゆったり

その後は茶房にお招きして、みんなでゆっくりくつろいでいただきました。

この時シローナさんがおっしゃっていたのだけれど、ヤマトハウスの持つ和の装いはお正月ののんびりだらだらとした空気によく合います。


2010年最後のバザール

時間を少し巻き戻して2010年の大晦日。開催されていたバザールは大変な賑わいで、この雰囲気だけでなんだか楽しくなってしまいます。


わにわに変身

露店に並んでいたクロコダイルの唐揚げを食べてワニに変身してみました。カタナを装備すると口からにょきっとはえるのが少し怖いです(。。


それでは、今年もよろしくお願い致します。
posted by Midorico at 19:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月27日

古代遺跡のデコレート

街はすっかりクリスマスムード

今年もダイアロス各地が聖夜の装いに包まれました。

いつもと違う音楽を聴きながらツリーを見上げていると、街全体が浮き足立っているような、ふわふわした気持ちに包まれます。


箱舟遺跡もライトアップ!?

箱舟遺跡のこのライトアップは印象的でした。古代文明の遺産に施されたクリスマスのデコレートはミスマッチかと思えば、おごそかな音楽と相まって意外な調和すら感じさせてくれるのです。
posted by Midorico at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月17日

二日目はじっくりと

大空洞二度目の探索は、慌ただしく駆け抜けた初日とかわってじっくりと見てまわることが出来ました。


意外におとなしい

地底湖を泳ぐエンシェントフィッシュは巨大なグリードルのように見えますけれど、意外にもおとなしくてこれだけ近づいても襲ってはきません。

こうしてじっくり見ていると、その独特で不思議な形状にはどのような意味が込められているのか気になってしまいます。


どこかの海竜に似ています

地底湖の主ギュスターヴ。先日遭遇したジャイアントより少し小さめですけれど、それでもなかなかの巨体です。このギュスターヴを倒すことで、湖底の先に広がる広間にジャイアントが出現するのだとか。

シルエットと配色、それからシチュエーションのせいでしょうか、その昔ダイアロスのそとがわのとある村でボクの分身が戦ったある海竜のことを思い出しました。


モールさんはなかなかおしゃれ

倒れたモールをじっくり観察。なかなかのおしゃれさんです。


ちびわにわさわさ

ジャイアントの棲家に小さなワニを発見!…と思ったら、クロコダイルの唐揚げを食べるとこの姿に変身するのだそうです。

今度見かけたら買ってみよう(。。
posted by Midorico at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月15日

深淵より深く

大空洞!

遂に開かれた大空洞、早速冒険に行ってきました!


立体交差 幻想的な光景です

エイシスやスルトに負けず劣らずの複雑に入り組んだ構造で、岩壁がところどころ変質していたり、地底湖の反射光で青白く照らされていたりと、天然の鍾乳洞らしい雰囲気がよく出ています。

道の途中に亀裂が入っていて、ジャンプで飛び越えないと通れないような場所もありました。意外にも今までそういう場所は無かったと思うので、なかなか新鮮な体験です。

イオネさんが飛び損ねて、するりと亀裂から落ちていったのは勿論想定通りです%f0


多才なモールさん

モールというこのモグラ型モンスターが大空洞の主な住人のようです。大きな岩石を頭上に落としてきたり、砂埃をまいて目くらまししてきたり、地面に潜って身を隠したりとなかなか多才なお方なのです。

このモールのヘルメットと同じ物が木工で作れるそうで、時々かぶっている方をお見かけしました。


地底湖を見下ろして さらなる深淵へ

大空洞の奥深くにあるこの地底湖を潜り、更なる深淵へと泳いでいくと…


ギュスターヴジャイアント 横から見てもでっかいです

ギュスターヴジャイアントという巨大な鰐が待ち構えていました。

かなりの人数が集まっていたせいかあっさりと倒されてしまったので、どの程度強いのかはよくわかりません(、、

いつかまたみんなで挑戦してみたいです。
posted by Midorico at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月08日

鉱山うろうろ宝をもとめ

スルト鉱山トレジャーハント!

久しぶりにトレジャーハントに行く事が出来ました。なかなか時間が取れなかったり、取れても他の方と合わなかったりでお出かけ自体も随分とお久しぶり。

数カ所をまわった中で特に印象的だったのがトレジャーハント初挑戦のスルト鉱山です。

いろんな場所に遊びに行くきっかけになりそれ自体は楽しいトレジャーハントですけれど、慣れた場所だと"宝探し"の感覚はどうしても薄くなってしまいます。そうした意味では、複雑で入り組んだ構造のスルト鉱山は道を把握仕切れていないこともあってとても新鮮で、なかなか歯ごたえのある冒険になりました。


こみどり対決

スルト鉱山からもう一枚。戦闘力のあまり無いComidoriにとっては、ドッペルゲンガーの変身ターゲットになるのはなかなか貴重な体験なのです。
posted by Midorico at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月29日

遠くたしかに暖かく

たしかな暖かみ

小豆を収穫中のKurocoが撮った一枚の写真。

遠くに見えるエルビンの集落。かすかに見える灯りにとても暖かいものを感じます。


大きな変化も落ち着いて、周囲は再び凪の時期。ボク個人としても週末の美容営業以外はあまり時間を取れていません。来月に大空洞が解放されたらきっと冒険でせわしなくなるでしょうから、今はこののんびりした時間を楽しみたいと思います。
posted by Midorico at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月15日

平行世界はたくましく

いつもと違う姿で

先日から公開されているテストサーバの様子を見に、ちょこちょことお邪魔しています。

折角だから普段しないような格好をしてみようと、トール装備にツヴァイハンダーを持ってみました。


お久しぶりで初めまして

日曜日に実施されたChaos Ageでの負荷テストにも参戦です。

開門時に200人程度が一斉に地の門へ移動した際には殆どLDがなかったものの、NGK本体との戦闘が始まってほどなく80人ほどがLDしてしまって、一緒にパーティを組んでいたシローナさん達もいつの間にかいなくなっていました(、、

とは言え時の間には500人に迫る人数が集まっていましたし、強化されたサーバの効果は確かに感じられます。


クレイトスさん…?

この機会に隠れ里ネヤのチュートリアルも一通り見てまわったのだけれど、特に気になったのがこのお方です。

儀式の間でザハークの依り代となってしまったはずのクレイトスさんが何故ここに…?

同名の別人かとも思いましたけれど、以前の写真と比べて見ると髪の色やスタイリッシュクロースの下から覗くトール装備に共通点が見いだせます。マスクで隠したそのお顔も意味深で、やっぱりあのクレイトスさんなのかなと、期待も込めて考えずにはいられません。

一体何があってこの地に居るのか。いつか語られる事はあるのでしょうか?


LevelMAX!

平行世界から戻って、いつもの世界ではお久しぶりの転生の間に参加しました。

今回のミノタウロスはLvMAX! その重い攻撃は、ともすれば一撃で倒されてしまうほどでした(、、
posted by Midorico at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月09日

そこは閑静な住宅地

郊外の住宅街

ミルムさんがゲオに建てたお宅には、玄関横に外階段が設置されています。

屋根上に上るには微妙に高さが足りないのですけれど、ヴェールがポールシフトを試してみるとなんとか上ることに成功しました。

そこから建ち並ぶ家々を眺めると本当に整然としていて、郊外の住宅地を思わせる風情です。


下町の趣

西へと目を向けると下町風の町並みが飛び込んできて、こちらもなかなか趣深いです。
posted by Midorico at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月02日

ハロウィンで、振り返る

今年のハロウィン衣装は

今年のハロウィンもひっそりと特別営業をしてみました。

昨年同様、美容の全てのメニューをお代がわりのお菓子(どれでもいくつでも)でサービスさせていただくというもので、告知も何もしていない本当にひっそりとした物です。

大きく違うのはボク自身の立ち位置でしょうか。昨年は西美容室として、そして今年は箒の美容室として。うん?…ということは、ユグ海岸にお店を構えてまだ一年経っていないのですね。

「こんなところでお客来るの?」

この日いらしたお客様の一人に、そんな事を聞かれました。箒の美容室を始めたばかりの頃にはちょくちょく聞かれた質問で、なんだか久しぶりの感覚です。


「ごくたまに?」

あの頃の答えはこうでした。


「それなりに?」

今の答えはこうなります。


波はやっぱりあるものの、ご贔屓にしてくださる方も少しだけど出来ました。書き留めているお客様のリストには400人弱の名前が並びます。これからも変わらずゆっくりと、続けていけたら良いなと改めて思いました。

因みに今年の成果はシカせんべいリンゴ飴でした。やっぱり山吹色が優勢です(、、


追伸。今回からサムネイルを少し大きくしてみました。
posted by Midorico at 12:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月28日

深淵を覗けば

絶景のサンルームハウス

サンルームハウスへの建て替えをした方がユグ海岸にいらしたので見学させていただきました。

家の外に余裕のあるレイアウトにもかかわらず、家の中もゆったりとしていて広々とした印象です。大きく見渡せる窓にはほんのりスモークが入っていて、そこから見える景色が日の移り変わりによって様々な顔を見せてくれます。

双子のコテージにこだわっているボクでさえ、ちょっと建て替えてしまおうかと思ってしまうようなお家でした。


ゲオの深淵

そして勿論、ゲオの深淵にも行ってきました。

事前に写真では見ていたものの、深淵という名からは想像付かないほどの明るさがあってちょっととまどいます。既に解放済みの土地は全てうまってしまっていていろいろな家が建ち並んでいました。

ゲオに家を持ちたいとおっしゃっていたがーどナァさんは、残念ながら土地を確保出来なかったようです(、、


開通作業中?

西と南のすみではノアタイタン達が開拓を進めていました。時々ミスザマークしているタイタンがちょっと可愛い。

ここは北東エリアだそうなので、いずれは北西や南東エリアが開放されるのかも。今回土地を買えなかった方はそちらに期待、ですね。


大空洞を見下ろして

中央にあたる部分に大きく穿たれた大空洞。くらくらするほどの景観ですけれど、幸か不幸か見えない壁に阻まれてこれ以上は進めません。

今はひとまず、この下に広がる地下迷宮に思いを馳せておきましょう。
posted by Midorico at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月26日

白面こんこん

茶房にかぼちゃプリンを並べました。10月末までの期間限定販売です。

まだ営業出来るかわからないのですけれど、30・31日には美容のおまけとしても出せたらなと思います。


戻る方法を知るのは…

一ヶ月に渡るクエストも最終章です。

元の世界に戻る手がかりを掴んだという総角さんの言葉によれば、タマモノマエと言う妖人がその方法を知っているのだとか。そしてその方法を聞くために、ある条件を提示されたそうです。

それは戦って勝利すること。

未だ野郎蜘蛛の毒が抜けきらないざくろさん、戦闘がそれほど得意ではなさそうな総角さんに代わって、ボク達が戦うことになりました。


タマモノマエ

お名前からして狐の妖だとは思いましたけれど、ダイアロスでは狐を見たことがありません。一体どんな姿をしているのかなと思っていたら…なるほどこういうことですか。

七変化で人を惑わし狐火で煙に巻く、Chaos Ageの神獣に匹敵する大妖。集まったみんなで協力しなければとても倒せないような強敵でした。


まだいた

元の世界へと戻る二人の見送りを済ませビスクに戻ると、ちゃっかりまだ居るその姿が目に留まります。当たり前と言えば当たり前なのですけれど、なんだかちょっとおかしくて、突っ込みを入れずにはいられませんでした(。。


なりきりざくろさん ざくろさん乱舞

酒場のみんなと久しぶりのネイチャー退治に行ったときのこと。ふと思い立って先ほど頂いたなりきりフォームを使ってみました。ざくろさんの凛々しい姿に、カタナとワキザシの二刀流がなかなか映えます。
posted by Midorico at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月20日

滑り流されその先で

エイシスのウォータースライダーはダイアロスの中でも指折りの名所の一つだと思います。

シローナさんとのお話の中で話題になったのですけれど、話に聞いた事はあっても未だに行った事がないと言うのです。ダイアロスに流れ着いてもう6年になろうというのに意外だなと思って理由を尋ねてみると…

「パレスから帰る時はいつもテレポートです。歩くのめんどー」

…まったく。


エイシス名所案内

そんなダメっ子シローナさんにウォータースライダーを体験してもらおうとエイシスへ行ってきました。

滑り出してしまえばあっという間で、でもだからこそ何度経験しても楽しい場所です。あとはここから飛び込むだけなのだけれど、折角初めて来たのだからと、ここから更に水底の通路へと進みました。


ダイアロスチャンピオン討伐

水中に穿たれたトンネルを抜けると、そこではイクシオンアサシンとダイアロスチャンピオンの戦いが行われていました。

二対一での戦いはそれでもアサシンが劣勢で、ほどなく二人を倒したチャンピオンがゆっくりとこちらに向かってきます。

先の戦いで減っていた体力も三分の二ほどは残っていたでしょうか。もう一人のアサシンに加勢を頼んで、なんとか倒すことが出来ました。


さっと滑って帰るつもりが、ほんの思いつきでちょっとした冒険に。テレポートに頼りすぎなシローナさんにちょっぴり感謝です。
posted by Midorico at 18:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月18日

角が増えたか耳生えたか

その日、箒の美容室に来店されたはなせれぶさんのオーダーは、おまかせでヘアメイクをというものでした。

時々そういったお客様がいらっしゃいますけれど、さて今回はどうしましょう?

ぱっと目に飛び込んでくるのは、戦闘技術のシップ装備である骨造りの兜と大きく突き出た二本の角。これならあれが似合うかもと、選んだのがこちらでした。


新生物

8番の髪型が思った以上にはまって、最初からこうだったのではと思うほどの馴染みぶりです。ヴェールからこぼれたハミングが偶然良い位置に写り込んで、新生を喜んでいるようにも見えますね。
posted by Midorico at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月15日

月とうなぎ

水底から狂戦士

ウナギのしっぽを集めにタルタロッサパレスへ行ってきたのですけれど、この日は他にもウナギ狙いの方がいらしたのでなかなか戦うことが出来ませんでした。

代わりというわけではないけれど、現れたのがこのバーサーカー。水底を悠々と泳いでいました(。。


月とうなぎ

場所を移してミーリムでのウナギ退治。近くで戦っているとその大きな身体に視界を遮られることが多いのですけれど、時折見える空に丁度よく月が収まって、なんだかそちらのほうが印象に残る戦いになりました。
posted by Midorico at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月12日

蜘蛛の怪

ちっちゃくなった

先日手に入れた総角さんの帽子を手がかりに、再びイプスの雷獣のもとを訪ねました。

随分と可愛らしくなった雷獣のお話によると、野郎蜘蛛という妖に襲われていた総角さんを助けようとした際にその毒にやられ、凶暴化してしまっていたのだとか。


野郎蜘蛛

こちらが今回の騒動の元凶、野郎蜘蛛。巨大な蜘蛛のまわりをたくさんの子蜘蛛が囲んでいる姿は、リスティルの水蜘蛛やバードイーターを彷彿させます。

行動もバードイーターと似ていて、それに加えて周囲の対象者を移動不能にするスパイダーネットという新しい技も使ってきました。


あげまきさん

子蜘蛛ににらまれて立ち往生していた総角さんを無事救出。気になるそのお姿は…ざくろさんと比べると普通でした。ぼさ髪のほうが雰囲気が近くてよかったかも。

今回のコラボクエストは物語とも密接にリンクしているようで、演出なども凝っていてなかなか面白いです。その内容もまだ続いていくようなので、結末までしっかり見届けたいと思います。


増えてる!

増えてた(。。
posted by Midorico at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月08日

観測所は今

はみゃさん宅のピラミッド型メガロドン観測所が家具破損により崩壊したあと、そういえば今はどうなっているのかなと気になって確認してきたのですけれど…


観測所跡地にて

これは…?

紅葉を別々に置いただけと言えばそうなのですけれど、なんだかメッセージ性も感じてしまいます。孤島の浜辺というシチュエーションがそうさせるのかな。

と言いますか、これいつの間に置いていったのでしょう(。。
posted by Midorico at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。